とある新入社員の釣り備忘録

ホーム千葉→愛知。ソルトルアーメインで、ライトゲーム・シーバスをやります。たまに遠征記

知多アジング 0908 0910

幻の知多アジ

0908

 

どうにも魚の少ない知多。そんな知多でも、どうやらアジングが成立するらしい、という情報は前から耳にしていた。

 

しかし、休日を使う釣りでは、近場の知多より遠くの敦賀、和歌山などを選んできた。

 

毎回片道2時間以上の遠征では、破産不可避。

 

非常に充実した奄美遠征を終え、休日は友人や同期と出かけることが増え、釣りから遠ざかっていた。

 

しかし、先日車にロッドホルダーを装備したことで、奄美以降低下していたモチベーションをどうにか取り戻すことに成功した。

 

ということで、重い腰を上げ、本来性に合わない、「釣れるかわからぬ釣り」に挑戦することにした。

 

初夏に通ったおかげで、ある程度常夜灯の灯る港の見当はついていた。

 

とはいえ、房総と違い、ターゲットとなりうる漁港の数は両の手に足る。

 

ランガンしていれば、どこかで出会えるだろうと楽観的。

 

 

雨が降りしきる夕方、色濃くなった秋の気配を体で感じながら、南進。

 

一か所目は、煌々と灯る常夜灯の下が騒がしい。

 

小さなベイトが時折水面から飛び出し逃げるさまが見える。

 

足元の明暗に見える魚影は、セイゴのもののようだった。

 

早速ワームを通すと、あっさりヒットしたのはやはりセイゴ。

 

表層は彼らの縄張りのようだとボトムまで丁寧に探るが反応なし。

 

しばらく粘ったがアジの気配はなく、移動。

 

2か所目はエサ釣り師やアジンガーがおり、期待が持てる。

 

が、釣れている様子はない。

 

0.7gから探ると、あっさり着底するので水深はない様子。

 

こちらにも小さなベイトはいるが、アジのアタリはないのでボトムまで。

 

ボトムをトレースするように丁寧に探っていると、アジ特有のアタリ。

 

 

f:id:gsxs750:20180911214906p:plain

 

さすがにメアジの感触残る手には物足りないが、初の知多産アジにしばし感動。

 

大きさは12,3cmといったところか。

 

この1匹で勢いづくかと思われたが、次のアタリは一向に訪れず。

 

周りが釣れぬ中釣れたのは嬉しいが、これではまぐれ。

 

どうにかもう1匹追加したが、雷鳴が響き始めたのでそそくさと退散したのであった。

 

ロッド:テイルウォーク  SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL
リール:シマノ 17ソアレci4+ c2000ss
ライン:サンライン 鯵の糸 0.3号
ヒットルアー:スキップヘッド07g + アジマスト クリアレッド

 

 

0910

 

京都への旅行から帰った代休。残りの休みを存分に楽しんでやろうと、いまだぐずつく天気の中繰り出したのはまたしても知多。

 

次の日の仕事を考えれば、釣りのできる時間は短い。

 

釣果の確実性を考えて、前日と同じポイントに入ることに。

 

別の常夜灯の下では、狭くなった沖堤防との間を、激流が流れる。

 

ヨレに味がついているかもとワームを送り出すが、セイゴの姿しか確認できず。

 

結局先日と同様の常夜灯の下で打つことに。

 

するとしばらくののち、ヒット。

 

 

f:id:gsxs750:20180911215848p:plain

 

先日と同じサイズ。知多には15cm以上のアジは存在しない(断言)

 

このあともヒットしたがばらす。

 

ともあれ、魚はいるはず、とあの手この手でアタリを引き出そうとするも、結局以後アタリはなく。

 

結果的に幸先よく釣れた1匹によって、この場所にくぎ付けにされてしまった。

 

新たな地でのアジングは苦労も重なるが、どうやら別のポイントが調子が良い様子。

 

また明後日、リベンジの知多アジングに繰り出す予定だ。

 

ロッド:テイルウォーク  SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL
リール:シマノ 17ソアレci4+ c2000ss
ライン:サンライン 鯵の糸 0.3号
ヒッットルアー:電撃ヘッド0.5g + アジマスト クリアレッド