とある新入社員の釣り備忘録

ホーム千葉→愛知。ソルトルアーメインで、ライトゲーム・シーバスをやります。たまに遠征記

中紀 ライトショアジギング アジング 0922 0923

食欲の秋?スポーツの秋?いいえ、釣りの秋。

 

久々の遠征は、和歌山。前回はスカを食らったが、雪辱を晴らすことはできるのか。

 

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp


 

というわけで、事前の情報収集から、ポイントを絞る。

 

夕マズメ、ナイト、そして朝マズメと一つのポイントで楽しんでしまおうという欲張りなポイント選択。

 

ポイントに到着したのは午後三時。

 

大阪や奈良からのアクセスがいいだけあって、そこそこの人。

 

着くや否や、サゴシらしきボイルが散見されるので、さっそくジグをセットし探っていくが反応はない。

 

一旦ボイルは落ち着いてしまったが、水面をベイトがにぎやかす。期待あふれる中紀の海に向かい、いろいろなルアーを投げていく。

 

この前仕入れた、ジャクソンのヘビーシンキングミノー、G-コントロールを投げていく。

 

ジャクソンのヘビーシンキングといえば、ピンテールチューンを思い起こすだろう。

 

しかし、このG-コントロールもよく飛び、派手なウォブリングと不規則なふらつきで自然に誘ってくれる。

 

堤防先にある離れ小島のような磯、その先に溜まるベイト。

 

鋭いアタリに、ロッドを立てるが、引かない。

 

あっさりと上がってきたのはいつも通りのサゴシサイズ。

 

f:id:gsxs750:20180923204646p:plain

 

サクッとリリースし、続けて同じルアーで探ると、サゴシがヒット。

 

サイズが出ない。足元を回遊するイワシはカタクチではないようで大きく、10~15cmほどなので、より大きなルアーを試してみることに。

 

手に取ったのは、デュエルのヘビーミノー110s。ショアプラッギングに使うルアーを試しに投入。

 

30g超あるそのミノーをベイトボールの向こうに投げ、少しレンジを入れリトリーブしてくると、ガツンと鋭いアタリ。

 

サゴシやタチウオなどの歯モノは、アタリは大きく、その後引かないパターンが多いので、どうせまたサゴシだと油断していると、ドラグをズルズルと出された。

 

サゴシとは異なるその青物らしき引きをいなしつつ、足元まで寄せると、見えたのはサゴシではなく「サワラ」。

 

目測ではあるが70~80cmはあろうかという魚体。

 

ランディングにかかるが、タモが必要なサイズが来るとは思っておらず、タモを用意していなかった。

 

南無三、と抜き上げにかかるも、案の定フックオフ。

 

なんという失態(いつも同じ過ちを繰り返す阿呆)。

 

阿呆と字引で引けば、私のことだと出てくるだろう。

 

 

あああと悔やんでも時すでに遅し。けなげに次の魚を狙うのだ。

 

そのまま大きめのミノーで探っていると、やはりまたしてもベイトボールが近づいたタイミングでヒット。

 

こちらも大きい。水面を跳ね暴れる。

 

「何が来た?」と隣に聞かれたので、「サワラだと思います」と答えた。

 

が、再び跳ねるその魚体は明らかにシーバス。

 

まさかシーバスが来るとは思っておらず、そのジャンプがエラ洗いだと気づかなかった。

 

今度はタモがある、と油断していると、足元に見える魚体の大きさにビビる。

 

丸く太った魚体は、あるいはヒラスズキだろうか?(というのもヒラが時折釣れるポイントらしい。)

 

心なしか引きが強かったのは、ヒラだったからか、太ったマルだったからか。

 

その答えを知る前に、足元でのエラ洗いによりフックオフ。

 

最近は跳ねる魚とやり取りをしておらず、シーバスの釣り方を忘れてしまった。

 

ティップを水面に突っ込んででもエラ洗いをさせぬべきだった。

 

えてして、逃がした魚は大きいものだ。

 

 

遠くでは、サゴシが跳ねている。

 

大きな魚の気配がなくなったので、Gコントロールに戻し、早めに誘っていると、ガツン。

 

ロッドエンドを腹に当ててはみるモノの、そんなこと必要ないサイズ。

 

f:id:gsxs750:20180923204737p:plain

この日キャッチした最大、60㎝に満たないサゴシ

先ほどよりは型の良いものが来たが、サワラを見せられると物足りない。

 

―タックル―
ロッド:

 

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング ラテオ 100MH・Q シーバス釣り 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング ラテオ 100MH・Q シーバス釣り 釣り竿

 

 

リール:

 

 

ライン:

ヒットルアー:

Jackson(ジャクソン) ミノー Gコントロール 93mm 28g ピンクバック ルアー
 

 

デュエル(DUEL) (DUEM9) ルアー ハードコア ヘビーミノー (S) 110mm F1190-HSTI ストライクイワシ 110mm

デュエル(DUEL) (DUEM9) ルアー ハードコア ヘビーミノー (S) 110mm F1190-HSTI ストライクイワシ 110mm

 

 

 

アジング編

 

暗くなり始めると魚の足音が遠のいた。アジングタックルに持ち替えると、キャスト後のフォールでひったくられる。

 

先週房総で釣れたサイズと同じ、25㎝ほどのサバだった。

 

何匹か連続で釣った後、15㎝に満たないアジを5匹釣ったところで時合終了。

 

完全に暗くなると、堤防は太刀魚釣りであふれかえる。

 

少しだけ移動し、港の一番奥、常夜灯の並ぶ方へ。

 

ライズしているのはセイゴか?と、手早くワームで表層を引いてくると、あっさりヒットしたのはアジ。

 

ここから、足元に落として、ラインを張って待つだけで勝手にヒットするでたらめアジングの始まり。

 

今までしたどのアジングよりも簡単だった。

 

初めこそ楽しかったものの、良型を求めてボトムなどを探るものの反応なく、20匹ほど釣ったところで朝に備え寝ることに。

 

―タックル―
ロッド:
テイルウォーク(tailwalk) ロッド SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL

テイルウォーク(tailwalk) ロッド SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL

 

 

リール:
ライン:
モーリス(MORRIS) エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリア

モーリス(MORRIS) エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリア

 

 

ヒットルアー:

 

 

 

 

エコギア(Ecogear) ルアー アジ職人アジマスト2インチ #010 パールグロウ(夜光) 11488

エコギア(Ecogear) ルアー アジ職人アジマスト2インチ #010 パールグロウ(夜光) 11488

 

 

再びのライトショアジギング

朝マズメ狙いの聴講者が増えそうだったので、早めに先日の夕マズメのポイントへ戻る。

 

まだ辺りは暗いが、ゼブラグロータイプのジグを放ってみる。

 

表層付近をゆっくり誘いたかったが手持ちのルアーではできず。

 

着水後のフォールでラインが止まったので合わせを入れると乗った。

 

あまりの引きの弱さに、銀色に光るアイツを想像すると、やはりそうだった。

f:id:gsxs750:20180923204836p:plain

 

F3あるなしといったところ。

 

その後はアタリなく、明るくなり始めたころにはサゴシが回遊を始めるも、ベイトが遠く苦戦。

 

完全に明るくなったころ、Gコントロールで表層を探っているとヒット。

 

サゴシとも違う重量感に、青物のような走り方。

 

見えた魚体はハマチだった。

 

f:id:gsxs750:20180923204924p:plain

昨秋はいくらでも釣っていたが、久々に釣るとやはり楽しい引きだ。

 

この日というか、このポイントではジグよりミノータイプの方が反応よく、周りでジグを一生懸命シャクっているアングラーにはアタリすらなかった。

 

自分もルアーをローテーションするものの、やはりミノー、特にGコントロールに戻した途端にヒットする。

 

前日の夕マズメと同サイズが1本。

 

またしても、ヘビーミノーに変えてみる。

 

すると、ベイトボールをかき分けたその瞬間にヒット。

 

昨日の最大サイズまでは程遠くとも、70㎝近いであろうサゴシを、面倒くさがり抜き上げようとしてまたしてもポロリ。

 

今度はタモ入れし、60㎝のサゴシをゲット。

 

f:id:gsxs750:20180923204954p:plain

 

このあと、ヘビーミノーにヒットしたと合わせた瞬間、ラインブレイク。

 

フロロの8号をスパッと切られてしまった。

 

キャストごとにリーダーは確認していた。横からバイトしてきて、運悪くリーダーを噛まれてしまったか。

 

ヒットルアーを無くしショックだが、今日の釣果は満足いくものだ。

 

 

f:id:gsxs750:20180923205010p:plain

ハマチ

ハマチはサイズこそ45㎝ほどだが、脂が程よく乗りおいしかった。

 

f:id:gsxs750:20180923205025p:plain

バターソテー

 

 

サゴシもおいしくいただいた。

 

f:id:gsxs750:20180926212518p:plain

サゴシは熟成させ刺身で。

 

f:id:gsxs750:20180926212554p:plain

塩麴に漬け、グリルで焼き上げる。

 

楽しい和歌山遠征だった

房総ライトショアジギング 0916 

何のために帰省するか?釣りをするためだ。ーK.I.ー

さあさあやってきました、月に一回ペースの帰省。

 

前回の房総釣行は...なんと2か月前のことだった。

 

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

 

盛期に突入したソウダガツオを楽しんだのがはるか昔の出来事に思える。

 

さて、9月に入り、南方でのサゴシの情報がちらほら耳に入ってきた。

 

去年実は釣れていたのだが、知る人ぞ知る、だったようで、情報が出回った今年は大盛況の様子。

 

夜中に地元を発ち、BETTY氏を乗せいざ参らん。

 

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

 

冬に、人生初のアジングに挑戦し、名手と名高いダイスケ氏、そして僕を差し置いて圧倒的釣りセンスを見せつけたBETTY氏。

 

久々のアジングがしたいとのことで、朝マズメまで内房をめぐることに。

 

常夜灯のあるポイントをいくつか打っていくと、魚を発見。

 

1匹釣れたが、なかなかパターンを掴めない。

 

BETTY氏は表層ただ巻きでアタリを出している。

 

ただ、アジそのものが小さく中々フッキングに至らない。

 

結局二人して熱くなり、夜明け間近までアジにもてあそばれることに。

 

 

さあ、マズメに備え本命ポイントに。

 

いつもは人もまばらなポイントも、暗いうちから数多くの人でにぎわう。

 

一級ポイントには入れなかったが、しょうがない。

 

小雨がパラつく生憎の天候だが、メタルジグを中心に、ミノーなどを交え探っていく。

 

サゴシのジャンプが見え始めると同時に、BETTY氏がいきなりヒット。

 

周りが釣れぬ中あっさり人生初サゴシを釣り上げるあたり、釣りの神様に愛されているとしか思えない。

 

ジグパラサーフに当たったが、どうやらブレードにバイトした様子でフッキングには至らず。

 

その間もBETTYくんはヒット、キャッチを重ねる。

 

焦りを通り越し、怒りすら感じてきた僕は、ショアジギングタックルを放り投げ、アジングに逃げる。

 

一投目、フォール中にラインが走る。合わせると、25㎝ほどのサバ。

f:id:gsxs750:20180921061111p:plain

 

このサイズになると、アジングタックルで存分に楽しめる。

 

もう1匹追加し、もう一度ボトムまでリグを沈める。

 

コン、とアタり、合わせると、先ほどまでのサバの走り方とは違う、重量感ある引き。

 

見えた姿はアジ、良型だ。タモ入れしてもらいその姿を見るとびっくり。

 

でっぷりとした体、その体高。いわゆる居着きの金アジだ。

f:id:gsxs750:20180921061124p:plain

 

これはおいしい魚、迷わずキープ。

 

サバも交じりながら楽しんでいると、再びアジのような引き。

 

またしても金アジかと期待したが、上がったのはいわゆる「セグロ」。回遊性の強い個体で、外房などでよく釣れるものだ。

 

f:id:gsxs750:20180921061140p:plain

比較すると、その違いがよくわかる

 

8時を合図にアタリが止まったので、納竿とした。

 

秋らしい釣り、とまではいかなかったが、それなりに楽しむことができた房総釣行だった。

 

f:id:gsxs750:20180921061151p:plain

BETTY氏に譲ってもらったサゴシも

 

f:id:gsxs750:20180921061203p:plain

サゴシの炙り。絶品だ

 

f:id:gsxs750:20180921061217p:plain

金アジ。とろけるような食感とうまみ

 

―アジタックル―
ロッド:テイルウォーク  SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL
リール:シマノ 17ソアレci4+ c2000ss
ライン:サンライン 鯵の糸 0.3号
ヒットルアー:アジ弾丸0.6g + アジマスト 艶シラス
 
―サゴシタックル―
ロッド:ダイワ ラテオ100MH
リール:シマノ 17アルテグラ  C3000HG
ライン:シマノ ピットブルx8 0.8号
ヒットルアー:ジグパラサーフ35g
 

 

知多アジング 0913

ついに手を染めてしまった平日仕事後アジング

 

仕事に慣れ、余裕ができてきた…訳でもないのに、平日仕事後に知多半島までアジを求める日々が始まってしまった。

 

前回の知多アジングはこちら

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

 

なんとなく掴めてきた知多アジング。

 

まだアジング自体初めて日が浅く、経験でモノを語るのは些か危ういが、

 

知多のアジは、じっとボトムに構え、流れてくるアミなどを捕食している場合が多い様子。

 

この日は前々から気になっていたポイントにはじめからエントリ。

 

どこで釣りをして良いのかわからずビクビクしていたが、釣り禁止の文字は見当たらず、港内の常夜灯に構える。

 

車のヘッドライトが海面を照らしたとき、辺り一面ベイトで覆われていることには気づいていたが、いざ目の前にすると壮観。

 

そこかしこでライズが起き、俄然上がるテンション。

 

早速リグを用意し、表層を攻めてみるとあっさり釣れたのはセイゴ。

 

そんな気はしていたが、アジも混じっているかもしれないとしばし探る。

 

結局アジの魚信はなく、ボトムまで丹念に探る。

 

港内でも比較的奥まった場所だったため、流れを求めて一段ソト側へ向かう。

 

最近ハマっている「流れ」。

 

流れがなくともアジはいるかもしれないが、少なくとも流れを探し求めるとアジに出会える確率が上がっている。

 

というわけで、潮の流れに常夜灯の絡む場所を探す。

 

睨んでいた先端は先行者があるので、一つ手前の常夜灯に陣取る。

 

長期戦ドンと来いと、堤防に腰掛け釣座を構える。

 

秋の始まりを感じさせる匂いと空気、気温。

 

そんな中、静かな海を眺め、1gに満たないリグの感触を感じ取ることに集中するだけで、心がすっと穏やかになる。

 

まずは念の為、表層から探るが案の定反応は無し。

 

と、0.5gを一気にボトムまで送り込む。

 

ここまでで30秒近く。横浜ボートアジングの一つの恩恵は、「待てる」ようになったこと。

 

今まではリグをボトムまで沈めきれず、アクションをかける、あるいはボトムをとってもすぐにレンジを外してしまうことがあった。

 

あの経験のお陰で、足元まで辛抱強く一定レンジをトレースできるようになった。

 

しばしの沈黙の後、ヌッとリグを押さえるような違和感に反射的に合わせると、小気味好い引き。

f:id:gsxs750:20180921061001p:plain

もらった、と抜き上げると、13cmほどの豆アジだった。

 

新たなポイントでのアジングに、また一つ成功した。

 

続けて、と意気込むも、次のキャストでポロリして以降沈黙を貫く海。

 

少しずつ移動しボトムを探っていると、小メバルをゲット。

 

なかなかアジからの返答は得られない中、ワームのカラーをローテーションしていく。

 

先ほど当たったクリアーレッドラメに変えた途端、ヒット。

 

アタリカラーなのか、たまたま群れが来たタイミングなのか知る由もない。

 

なんとか得られた5つのアタリのうち、3匹をゲットしたところでにわかに水面がざわつく。

 

先ほどまでもセイゴが盛んにライズしていたが、それとは異なる音。

 

常夜灯が照らしたのは、ギラッと光る銀色の細長い魚体、タチウオだった。

 

反射的にリグを投入し、表層をトゥイッチしながら引いてくると、いきなりヒット。

 

シーバスタックルで挑めばあっさり上がるタチウオも、アジングタックルで相手をするには強敵だ。

 

網など持っていないので、南無三、と抜き上げると、成功。

 

思ってたより大きく、F2ちょいサイズながら、80cm近く。

f:id:gsxs750:20180921061016p:plain

 

流石に肉の厚みはないが、持ち帰ることにした。

 

タチウオの出現以降、めっきりアタリが無くなったので納竿とした。

 

f:id:gsxs750:20180921061035p:plain

f:id:gsxs750:20180921061050p:plain

アジは唐揚げ、タチウオは刺し身と唐揚げにして美味しく頂いた。

 

―タックル―
ロッド:テイルウォーク  SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL
リール:シマノ 17ソアレci4+ c2000ss
ライン:サンライン 鯵の糸 0.3号
ヒットルアー:電撃ヘッド0.5g + アジマスト クリアレッド