とある新入社員の釣り備忘録

ホーム千葉→愛知。ソルトルアーメインで、ライトゲーム・シーバスをやります。たまに遠征記

近況

釣行期ではないけども。

 

釣行期ではない久々の更新。

なぜ更新するのかというと、いくつかのトピックが生まれたので。

 1,6月宮古島遠征

 2.キャタリナ6500h購入

 3.年末帰省

 

1,6月宮古島遠征

会社の昼休みにツイッターを眺めていると、あるLCCのセール情報が目に入った。

まさにセールが始まったそのタイミングで、指が滑り、6月の宮古島行きのフライトを予約。

正直、南西諸島の釣り遠征先として宮古島が最善な選択なのかは自信がないが、行くことは決まっているので最大限に楽しみたい。

釣り物はまだ決めていないが、ライトゲームメインで組み立てることになるだろう。

ただし、化け物級の魚が潜むという磯にも赴き、恐怖すら感じるスケールの大きな釣りにも挑んでみたい。

 

最近、ショアGTに精力的に取り組むフォロワさんがトカラに遠征し、GTと対峙した。

残念ながらキャッチには至らなかったが、その興奮入り混じった臨場感あふれるツイートを見ていると、自分もGTに挑みたくなった。

思えば、奄美でGTとコンタクトしたのは複数回ある。真夜中の港、真昼間の小河川、マズメのシャロー...

どれも偶然目にしたものだが、出会う確率は絶望的に低いわけではない。

一方でそれらの出会いが必然的なものでもないのも確かで、いざメインターゲットとしてGTを狙うと、苦労しそうなのは間違いない。

それでも、ショアGT,それも大好きな奄美の地で釣り上げることを夢見、本格的に狙っていこうと思う。

タフな釣りなので、若いうちにやっておきたいというのある。

 

2.キャタリナ6500h購入

そこで、キャタリナ6500h購入に至ったわけである。

僕は、人生の選択において「タイミング」が大きな要素だと思っていて、上に書いたような流れで、図ったかのようにナチュラムでセールが発生。

挙句、ショアGTにぴったりのキャタリナ6500hが出品されていた。

ある種の啓示だと考え、思わず指を滑らせた。

 

f:id:gsxs750:20181203204844p:plain

でかい

 

f:id:gsxs750:20181203204910p:plain

サステインC5000XGと並べてみる。

 

少し思い切り過ぎた。というのも、今まで所有した最大のリールがシマノのサステイン5000XGで、その自重は300gに満たない。

そこから、いわゆるショアジギングのカテゴリを超え、最大級のリールに手を出した。

今の状態でショアGTに挑んでも、魚を掛けるまでに自滅するのが落ちだろう。

まずは本州の磯でヘビータックルを振れる体力と技術を身に着けようと考えている。

来シーズン以降は房総のヒラマサや、南紀、越前や日本海にも精力的に繰り出すつもりだ。

いわゆるショアジギングタックルには、マンビカver.2 100XXHを合わせ、体力的に自らを追い込むつもりだ。

 

3.年末帰省

当然のごとく、半分は釣りを楽しむための帰省である。

年末といえば、外房アジングがアツい時期。

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

昨年末は非常に楽しい経験をさせてもらった。

この年末も、ダイスケ氏をはじめ、地元後輩アングラとのアジング耐久戦に挑む予定。

同時に、ヘビータックルを持ち込み、回遊しているであろうヒラマサを狙う...なんてのは虫のイイ話か。

現実的なのは泳がせでのヒラメかといったところだが、とても楽しみである。

わんわん氏による、BBQが開催されるとのことで、そちらにも顔を出す予定。