とある新入社員の釣り備忘録

ホーム千葉→愛知。ソルトルアーメインで、ライトゲーム・シーバスをやります。たまに遠征記

房総ライトショアジギング 0916 

何のために帰省するか?釣りをするためだ。ーK.I.ー

さあさあやってきました、月に一回ペースの帰省。

 

前回の房総釣行は...なんと2か月前のことだった。

 

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

 

盛期に突入したソウダガツオを楽しんだのがはるか昔の出来事に思える。

 

さて、9月に入り、南方でのサゴシの情報がちらほら耳に入ってきた。

 

去年実は釣れていたのだが、知る人ぞ知る、だったようで、情報が出回った今年は大盛況の様子。

 

夜中に地元を発ち、BETTY氏を乗せいざ参らん。

 

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

 

冬に、人生初のアジングに挑戦し、名手と名高いダイスケ氏、そして僕を差し置いて圧倒的釣りセンスを見せつけたBETTY氏。

 

久々のアジングがしたいとのことで、朝マズメまで内房をめぐることに。

 

常夜灯のあるポイントをいくつか打っていくと、魚を発見。

 

1匹釣れたが、なかなかパターンを掴めない。

 

BETTY氏は表層ただ巻きでアタリを出している。

 

ただ、アジそのものが小さく中々フッキングに至らない。

 

結局二人して熱くなり、夜明け間近までアジにもてあそばれることに。

 

 

さあ、マズメに備え本命ポイントに。

 

いつもは人もまばらなポイントも、暗いうちから数多くの人でにぎわう。

 

一級ポイントには入れなかったが、しょうがない。

 

小雨がパラつく生憎の天候だが、メタルジグを中心に、ミノーなどを交え探っていく。

 

サゴシのジャンプが見え始めると同時に、BETTY氏がいきなりヒット。

 

周りが釣れぬ中あっさり人生初サゴシを釣り上げるあたり、釣りの神様に愛されているとしか思えない。

 

ジグパラサーフに当たったが、どうやらブレードにバイトした様子でフッキングには至らず。

 

その間もBETTYくんはヒット、キャッチを重ねる。

 

焦りを通り越し、怒りすら感じてきた僕は、ショアジギングタックルを放り投げ、アジングに逃げる。

 

一投目、フォール中にラインが走る。合わせると、25㎝ほどのサバ。

f:id:gsxs750:20180921061111p:plain

 

このサイズになると、アジングタックルで存分に楽しめる。

 

もう1匹追加し、もう一度ボトムまでリグを沈める。

 

コン、とアタり、合わせると、先ほどまでのサバの走り方とは違う、重量感ある引き。

 

見えた姿はアジ、良型だ。タモ入れしてもらいその姿を見るとびっくり。

 

でっぷりとした体、その体高。いわゆる居着きの金アジだ。

f:id:gsxs750:20180921061124p:plain

 

これはおいしい魚、迷わずキープ。

 

サバも交じりながら楽しんでいると、再びアジのような引き。

 

またしても金アジかと期待したが、上がったのはいわゆる「セグロ」。回遊性の強い個体で、外房などでよく釣れるものだ。

 

f:id:gsxs750:20180921061140p:plain

比較すると、その違いがよくわかる

 

8時を合図にアタリが止まったので、納竿とした。

 

秋らしい釣り、とまではいかなかったが、それなりに楽しむことができた房総釣行だった。

 

f:id:gsxs750:20180921061151p:plain

BETTY氏に譲ってもらったサゴシも

 

f:id:gsxs750:20180921061203p:plain

サゴシの炙り。絶品だ

 

f:id:gsxs750:20180921061217p:plain

金アジ。とろけるような食感とうまみ

 

―アジタックル―
ロッド:テイルウォーク  SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL
リール:シマノ 17ソアレci4+ c2000ss
ライン:サンライン 鯵の糸 0.3号
ヒットルアー:アジ弾丸0.6g + アジマスト 艶シラス
 
―サゴシタックル―
ロッド:ダイワ ラテオ100MH
リール:シマノ 17アルテグラ  C3000HG
ライン:シマノ ピットブルx8 0.8号
ヒットルアー:ジグパラサーフ35g