とある新入社員の釣り備忘録

ホーム千葉→愛知。ソルトルアーメインで、ライトゲーム・シーバスをやります。たまに遠征記

テクニカル知多メバリング 0521

ついに本格始動

どうも、先週の夜勤で心も体も打ち砕かれたイガです。

 

実習終了まであと4か月...耐えろ、おれ。

 

しかし、夜勤を乗り越えた僕は、どこからか湧いてくる無敵感から、なんと平日仕事終わりの釣行を強行。(韻踏んでる)

 

19時までの残業ののち、コンビニ弁当を2分でかきこみ、出発の準備。

 

バイクでのランガン二度目、前回の反省を踏まえ、リールは付けずに一路知多半島へ。

 

前回の反省は↓

 

tsurigasukidesu.hatenadiary.jp

 

異臭に包まれる工場地帯を抜け、知多半島に差し掛かる。

 

道は暗く、車も少ない。さほど遠くには来ていないはずだが、ずいぶん雰囲気は変わるものだ。

 

さあ、家から1時間半、ある漁港に到着。

 

常夜灯も点き、雰囲気はよい。

 

先行者メバル狙いのようだった。

 

明るいLED灯の下でライズが起こっている、おそらくメバルのものだろうと、さっそくワームを放り込む。

 

水面を意識しているはずなので、ルアーが着水する前から巻き始める。

 

自分のセオリー、デッドスローからスタート。

 

ライズの起こるピンに入ったときはバイトがあるが、中々乗らない。

 

運よくヒットしたのは、やはりメバルだった。

 

 

サイズこそ小さいものの、久しぶりのまともな魚信に満足。

 

が、後が続かないので、場所を変えることに。

 

バイクでのランガンと聞くと、身軽なイメージだろうが、現実はかなり面倒なものだ。

 

ロッドをたたむ、バッグを固定する、ライディングジャケットを着る、ヘルメットをかぶる...

 

移動したら、これの逆を行うわけで、とてもじゃないがランガンには向いていない。

 

しかしそうも言ってられず、移動を決断するも、移動先の港はどこで釣りをしてよいのかわからず、結局竿を出すことなく引き返すことに。

 

先ほどまでエサ師がはいっていた常夜灯のある堤防が空いていたので、淡い期待を胸にそちらへエントリ。

 

ロープ際を沈めてリトリーブすると、一投目からチェイスがあったが、食わず。

 

同様に誘うも、全くアタらない。

 

目を凝らせば、常夜灯の当たる海中には、メバルと思しき影が複数見られる。

 

いつも通り、1gのJHにクリアカラーのアジマストをつけ、表層をスローに誘う。

 

も、全く関心を示さない。

 

ときおりライズするメバルは、いったい何を食べているのか?

 

リッジやメバペン等のプラグも試すが、全く反応せず。

 

うーん、と水面を見やると、魚の影に交じり、細長いものが素早く動くのが見えた。

 

イワシかと思ったが、よく見るとそれはバチだった。

 

中潮上げの海水域でもバチ抜けは起こるのかと驚きながらも、バチを捕食しているのではと思い、堤防直下でワームで引き波を立てながら早めの動きでバチをイミテート。

 

すると、さっきまでワームに見向きもしなかったメバルたちが、次々チェイスしてくる。

 

念のため、と、湾奥クルバチ対策でBETTY氏に買ってもらった(まだ金返していない、まずい)40mmのシンペンで引き波を立て誘うも、こちらには反応せず。

 

あれほど縦の動きやスローリトリーブに反応しなかったメバルが、水面直下の速い動きに反応するとは...

 

これが、パターンってやつなのか、とにやり。

 

早速、シルエットの出るピンクのワームに付け替え、沖に投げる。

 

竿を立て気味に、着水前には巻き始める。

 

レンジを意識し、水面直下を早めに巻くと早速アタる、ものらず。

 

そのまま引いてくると、今度は乗った!

 

合わせを入れずにまき合わせしたのが良かったようだ。

 

f:id:gsxs750:20180522221149p:plain

 

先ほどと同じくらいのサイズ。試行錯誤が実り、達成感がすごい。

 

 

 

こんなちっこいサイズばかり。元々キープサイズが出れば持ち替える算段だったが、今回は叶わなそうだ。

 

それでも小さなメバルでもロッドを曲げてくれるし、反応があるのが楽しい。

 

 

 

しばしの入れ食いを楽しみ、ここで探求心に火が付く。

 

まずは、レンジ。

 

引いてくるレンジは水面直下を意識していたが、あえてほんの少しレンジを入れてみる。

 

するとどうだ、先ほどまで1投2アタリ以上あったものが、皆無に。

 

いままでブログや雑誌で「この日のヒットレンジはシビア。数cmの違いが釣果に差を生んだ」といった表現を目にしては「んなわけあるかい」と思っていたが、今なら言える。

 

この日のヒットレンジはシビア。数cmの違いが釣果に差を生んだ。

 

もうひとつ、カラーについても調べてみる。

 

レンジは同じで、クリア系のワームにすると、アタリの数は格段に減る。

 

カラーというよりは、シルエットが影響を及ぼしているようだ。

 

結局パターンを見つけてから30分ほどで30匹の釣果、ただし最大15㎝ほど。

 

時計を見ると時刻は0:30。翌日の仕事を思うと憂鬱だが、得も言われぬ達成感を胸に、帰宅した。

 

 

眠いので即帰宅。

 

 

―タックル―
ロッド:テイルウォーク  SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL
リール:17ソアレci4+ c2000ss (カスタムハンドル (ソアレbb c2000))
ライン:シーガー R18 フロロリミテッド3lb
ヒットルアー:アジ弾丸1.0g + アジマスト クリアレッド
       アジ弾丸0.8g + アジマスト ピンクグロウ
 
 
そうそう、初めてメインラインにフロロを使用したが、釣りを始めたときからPEが主流だった私には、モノフィラメントラインは扱いづらくて...
 
結局豆メバルを釣る程度なら、しなやかで扱いやすい鯵の糸を使っていこうと思う。
 
 
そして、先日失くしたソアレのハンドルについて、なんとしらすさんがシマノの2000番台のハンドルを送ってくださるとのこと。
 
本当にありがとうございます。