とある新入社員の釣り備忘録

ホーム千葉→愛知。ソルトルアーメインで、ライトゲーム・シーバスをやります。たまに遠征記

外房アジング 1208

毎週恒例となった金曜アジング。プレミアムフライデーの正しい使い方である。

 

 ニューロッド

さて、もはや毎週恒例となった金曜アジング。先週に引き続きダイスケ氏と同行。
 
私の誕生日に彼女がアジングロッドをプレゼントしてくれたので、今日はその初陣となる。
 
今まで使っていたのは、家にあった、テイルウォーク スラッシュボイル806UL。
 
おそらく安価で購入していたものだが、とても使いやすい竿という印象。
 
ソリッドティップだのチューブラだのはよくわからないが、長いレングスのわりにアタリが明確に出る。
 
いや、正確には、明確には出ないが、小さなあたりも「モヤっ」と伝えてくれる。
 
ティップはとても柔らかく、小さなあたりもはじかない。
 
それでいて、バットパワーはすさまじく、65cmのマゴチや30cmのショゴの引きにも楽々耐える。
 
オールマイティに使える竿だと思うが、何分長く、取り回しがしづらいのが唯一の難点か。
 
自分の不注意でトップガイド下で折ってしまったので、余分を切り、第2ガイドをトップガイドのように見立て、使っている。
 
今回、同じくテイルウォークの、ソルティシェイプを貰った。
 

 

こちらは正統派アジングロッドといった感じで、スラッシュボイルに比べかなり軽く、取り回しもしやすいので楽しみである。
 
というわけで、スラッシュボイルにはキャロ用タックルとしての役割を与え、ジグ単ではソルティシェイプを使っていくことにする。
 

 ダイスケ氏

いつも通り真夜中の出発。
 
交通量も少なく、快調。
 
海に出る峠で動物がいたことに二人してビビる。
 
まずは、いつも通り様子見の大型漁港へ。
 
先週のガラガラと打って変わり、3時頃だというのにびっしりと人が入っている。
 
これは不可能と判断、先週末ユウマズメを打った漁港へ。
 
朝マズメを迎えるまで、寒風に耐えながらキャスト。
 
さすがに外房とはいえ本格的な冬の到来を感じさせる天気だった。
 
結局明るくなる少し前からアタリが出始める。
 
しかし、うまくフッキングに持ち込めない二人。
 
奇しくもこの日、ダイスケ氏もティクトのおニューロッドでの参戦だった。これが原因か。
 
余談だが、持たせてもらったそのロッドは、ソルティシェイプをはるかに凌駕する軽量さで仰天した。
 
しばらくし、ダイスケ氏が本命を釣り上げる。ニューロッド入魂はアジと相成った。
 
一方の私、一匹アジを釣り上げるが、続かない。
 
アタリがあってもノせられない。
 
風も出て、ラインスラックが出ると、スラッシュボイルのレングスにも利点があったことに気づいた。
 
新しい竿がどうもなじまない。
 
しかも、レンジも何もかもかみ合っていないようだ。
 
隣で連発するダイスケ氏を横目に、3匹釣れたのみ。
 
アジの時合は相変わらず短く、その後はムツと戯れることに。
 
ダイスケ氏、いとも簡単に釣り上げるものだから、俺も、と打ってみるがなかなか当たらない。
 
ダイスケ氏のヒットエリアを打たせてもらう先輩の横暴で、なんとかアタリが出始める。
 
毎週のようにムツに会っていると気づく。
 
デカイのだ。

f:id:gsxs750:20171214202215p:plain

アベレージサイズが上がり、20㎝級も当たり前に。
 
こりゃうまいだろうと、最後になるかもしれないムツングを精一杯楽しむ。
 
ニューロッドも何とか慣れてきたが、どうもフッキングが甘いようだ。
 
じぶんが ロッドに適応できていない、改善の余地ありだ。
 
ぐだりながらも、なんとかムツを楽しめた。

 

 ポイント移動

ここでいつものムツポイントに移動する。
 
常連のおっちゃんに混ぜてもらいながら、ここでもムツを釣り上げることに成功した。
 
この日はベイトの影響か、港内深くまでムツが回っている様子で、時折アジも交じる。
 
先に打っていたアングラーさんに挨拶し、打たせてもらうが、先ほどまでの好調が嘘のようになかなかヒットせず。
 
話を伺うと、朝マズメ断念したポイントはなかなか好調だったとのこと。
 

 寝る

俺は釣り以外で徹夜をしない主義で、どんなに課題が差し迫っていても、テストの前であろうと徹夜はしてこなかった。
 
この日はバイト終わりから寝ずに昼前まで釣りで、さすがに疲れたので車で寝ることに。
 
1時間で起きる予定が、目覚ましに裏切られ、気づけば3時間経過。
 
眠い目をこすりながらダイスケ氏を探すと、竿を曲げている。
 
聞けば、アジ・ムツの時合だとか。
 
何たる失態か。ケータイも機内モードにしていて、呼び出しに気づかなかった。
 
落胆しつつも、入れさせてもらい、ワームを投入。
 
すると、すぐにヒット。アジだった。
 
まだいけると思ったが、後が続かず。
 
ダイスケ氏のハイペースをよそに、信じられないくらいローペースでムツを追加していく。
 
ウデの差をまざまざと見せつけられてしまった。
 
雨風が強くなり、納竿。
 

 

 
釣果に反比例してアジムツを分けてもらったので、この日は
 
アジを刺身に、ムツは炙りにしてみた。
 

 

f:id:gsxs750:20171214202255p:plain

f:id:gsxs750:20171214202241p:plain

 
どれも美味で、アジングという釣りのすばらしさを実感した。